HOME > スタッフ紹介 > 今川 純菜

スタッフ紹介

今川 純菜

今川 純菜
JYUNNA IMAGAWA

ポジション INTI assistant
血液型 A型
趣味 comingsoon
自分の悩み comingsoon
自分にキャッチ
コピーをつけると
comingsoon

幼少時代

今川幼少時代1

私は、福岡県北九州市に3姉妹の末っ子として生まれました。
純粋な子になって欲しいというのが名前の由来で、長女 明菜、次女 麻里菜 に続き、純菜と名付けられました。

父は美容室に薬剤を届けるディーラー、母は元美容師という美容一家で育ちました。

体が弱く、生まれてすぐ肺炎にかかり、2歳でもまた肺炎、入院を繰り返しました。
そして小さい時は声がハスキーすぎて、保育園の先生は「風邪が治らない」といつも母に言っていたようです。

今川幼少時代2

矢沢永吉の大ファンである父からは、幼い時から本当に厳しくしつけられました。
「行ってきます」と「ただいま」を言い忘れると帰りついた瞬間に怒られ、お茶碗にご飯粒が残っていると怒られ、学校は風邪を引いたぐらいでは休ませて貰えず、無駄遣いは絶対にさせない父でした。

今ではその意味と理由に納得でき、ありがたいの一言です。
そして子供への愛情が半端ではなく、一日中離さず抱っこしていたようで、祖母や祖父にさえ、渡すのを嫌がってたみたいです笑。

決して裕福な家庭では無かったですが、毎年3回は必ず家族旅行に連れて行ってくれ、仕事終わりや休日も必ず子供と一緒に過ごし、遊んでくれた思い出がたくさんあります。

今では大の仲良しな姉とは、喧嘩のエピソードばかりです。毎朝、髪の引っ張り合いをして泣いて目を腫らし小学校へ行っていたので、今でも友達からいじられるほどのインパクトだったようです。

学生時代

今川学生時代1

中学ではテニス部に入りましたが、仲の良い友達が多いから というふざけた理由です。
ただただ遊んでいた為、毎回のように終礼で怒られた記憶があります。

ちょうどこの頃から韓国にどハマりします。
韓国というよりこの頃は、ケーポップにハマり込んでいました。

MVのメイキングで映ったヘアメイクさんを見てその格好良さから、私の将来の選択肢のひとつになりました。
元々メイクや友達の髪をセットするのが好きだったので、選択肢はどんどん絞られ、美容に関わりたいというのが私の夢になりました。

今川学生時代2

その頃から雑誌やMVに関わるヘアメイクさんを端から端まで調べていました。
そこでヘアメイクと美容師を両立している1人の方を見つけました。すぐに連絡しようとしましたが、個人的な連絡先はもちろん知らないので、 美容室の予約を入れ、備考欄で思いを伝えました。

返事はすぐに返ってきて、個人LINEを教えて頂きました。顔も知らない見ず知らずの人からきた怪しいメールにも関わらずその方からは、長文での返信がきて、最後にこの仕事をしたいのなら東京に出てきなさいとありました。
この方が後に私の師匠となる宮本洋平です。
この夢をもった時から、東京に出たいというのはずっとあったので、高校卒業後、上京しようと心に決めました。

もちろん、父親は大反対。話を聞いてくれませんでした。当たり前だと思います。
どんな事を言われても意思を曲げることは出来なかったので、何度も何度も話して、熱意で押し倒そうとしました。

そうして、上京が決定しました。
最後の日、東京まで送ってくれた父との最後のご飯で2人で号泣。お互い喋れない程に泣いてしまい、お店の人だけでなく、周りのお客さんからも心配されたのを今でも思い出します。
父親の涙を初めて見て、本気で頑張らないと。と強く思いました。

修行時代

今川修行時代1

キャリーバッグひとつで東京に来てから毎日がめまぐるしかったです。
そして自分が日々どれだけ、家族や友達に頼りきっていたか思い知らされました。

宮本のアシスタントになり、様々な現場に同行させてもらいました。
少し前まで、自分が家で見ていたテレビや、お客さんとして行っていた場所に関係者として関わってることが不思議で不思議でたまらなかったです。
自分の想像をはるかに超えた事が毎日起こるので、何度もパンクしかけました。
でも実際に目の前で見るヘアメイクの仕事は、思った以上に素敵でカッコよく、夢はどんどん膨らみました。

宮本のアシスタント2年目で、美容室のインティに参加することになります。
美容師は立ち仕事なので、一日中立ちっぱなしは覚悟していましたが、予想以上の体力消耗で次の日全身筋肉痛でベットから起き上がれない毎日でした。それに、インティは気を使わなければいけない所や 考えなければいけない所が、普通の美容室よりもっと多いので、メンタル面でも大変でした。
休みの日は、ヘアメイクの現場に同行させて頂く事が多かったので、本当に何もないフリーの日は、起きると夕方を過ぎていて、外に出かけるなんて考えられない程でした。

今川修行時代2

今では、少しずつですが仕事に慣れ、お客様と接する事の楽しさや嬉しさを感じています。
そしてインティの先輩方は、美容界で驚くほどの経歴を持たれてる方ばかりで、その中で常に勉強出来ていること、技を盗める環境にいることに日々幸せを感じています。
集まりでは、それぞれが仕事に対して熱すぎるくらいの会話をしていて、みんな目が輝いています。

自分の好きな事、やりたい事を、仕事にできる程の幸せは無いんだなと常に思わされます。
その分、大変なことは人一倍乗り越えないといけないですが、先輩方を見てると 絶対に私もこうなりたいと強く思います。

まだまだ未熟者なので、早く仕事が完璧になるように、そして目標が達成できるまで日々努力します。

スタイリスト時代

coming soon

INTI時代

coming soon


このページのトップへ