HOME > INTI report > 薄毛について知りたい! > 【薄毛 AGA】ヘアサイクルを知りベストの髪型をキープしよう!

INTI report

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

【薄毛 AGA】ヘアサイクルを知りベストの髪型をキープしよう!

INTI福岡 居石です



意外と知らない髪の毛周期について説明させていただきます。





日本人の平均は大体10万本生えてると言われています。 



髪の毛は生えては抜けてを繰りかえすヘアサイクルにより
約2~6年すれば髪の毛は抜けます。







健康な髪の毛であれば、成長期→退行期→休止期という
一連の流れを経て脱毛します。
(このうちおよそ9割の期間が成長期です。)




約2~3カ月ほどの休止期間を経ると抜けた部分から
また新しい髪の毛が生えてきて再びヘアサイクルを繰り返します。




ヘアサイクルのうちこの成長期が短くなる症状をAGA(男性型脱毛症)と
いい、女性でもホルモンのバランスを崩し、男性ホルモンが優位に立つと
同じ症状がおこります。



《成長期》
毛が成長を続ける時期。
最初はうぶ毛程度の太さが完全な太さになり長くなり、一日に約0.3~0.4㎜伸びます。
また、無理に抜くと痛く感じる。



《退行期》
毛の成長が止まり抜ける準備をする。



《休止期》
完全に成長がとまり自然に抜け落ちるのを待つ時期。
毛穴の中では新たな毛を作る準備が進められている。
休止期の毛は毎日のシャンプーやブラッシングによって抜けます。
新しい毛によって古い毛がおしだされて抜け落ちるのです。




皆さんの悩みの薄毛は、ヘアサイクルの乱れにより成長期が短くなったり、
ハリコシの減退が生じ抜け毛や薄毛になってしまうのです。




そこで、美容師の私たちは皆さんに一番いい状態で
ヘアデザインを経験して頂きたく
カットする周期を1ヶ月~1カ月半と進めています!




3ヶ月~6ヶ月もすれば、後ろと横の髪の毛がすごく伸びて扱いずらいのはもちろんのこと
トップや前髪は、伸びる毛と伸びずに抜けてしまう毛があり、
なかなか伸ばしても思うように成長しないと思います。



全体のバランスを見ながら、今できる現在の一番いいベストの状態で髪型を決めると
薄毛に対する悩みが一つでも解消されることでしょう。



食事、睡眠、禁煙、適度な運動など、日頃から気をつけ
規則正しい生活を送ることをおススメ致します。





INTI福岡  居石郁佳でした。


---------------------------------------
「ヘアデザインで人生を変える」
INTI渋谷
東京都渋谷区神南1−9−11インタービルⅡ4階
INTI大阪
大阪府大阪市中央区南本町3-3-14貴田ビル7階
INTI東京
東京都中央区八丁堀2-13-2ドミノビル2階
INTI福岡
福岡県福岡市中央区大名1-10-27第2小谷ビル4階
INTI新宿
東京都新宿区新宿3-11-9花菱ビル5階
https://www.inti-tokyo.com
お問合せ・ご質問は
☞info@inti.tokyo.jp
--------------------------------------
ご予約はこちら
撮影カットモデル募集☞詳しくはこちら
INTIスタッフ募集☞詳しくはこちら


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2022/01/10

【薄毛 年齢】薄毛の一般的な平均値!?

  こんにちは、INTI新宿の佐藤です。     今回は、一般的に言われている「薄毛」の色々や、平均的な薄毛が気になる年齢、 気になり始めるきっか...

続きを読む

2021/05/14

【薄毛専門美容師が話す】はじめてのAGA

こんにちはINTI河津です。   前回より『自分はAGAか?』   について書かせていただいてます。   ご質問ありがとうございます。 &...

続きを読む

2020/12/13

【薄毛 毛周期】今更聞けない髪はなぜ抜ける?の色々。

      こんにちは、INTI新宿の佐藤です。   今回はズバリ『薄毛』ついてお話しさせて頂きたいと思います。 お客...

続きを読む

2020/10/19

【薄毛 仕組み】薄毛のメカニズム!ヘイフリック限界とは?!

こんにちは! INTIスタイリストの関根です。   今回は髪の毛の寿命についてお話ししていきたいと思います。   早速ですが、皆さんはヘイフリック限界って聞...

続きを読む

2020/09/10

【薄毛 男性ホルモン】脱毛ホルモンを食い止めたい!!

INTI新宿 日高です。         AGA、即ち男性型脱毛を引き起こしてしまう原因は   男性ホルモン(...

続きを読む

このページのトップへ