HOME > INTI report > 増毛について知りたい! > 【増毛 カツラ】カツラってどうなの!?第2弾

INTI report

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

【増毛 カツラ】カツラってどうなの!?第2弾

こんにちは!

INTI大阪本町の山口です。



 

前回は、

既製品・セミオーダー・フルオーダーの違いについて

ウィッグの種類、ヘアピースとオールタイプ

の解説をさせていただきました。



 

今回は、ベースの種類と毛髪の種類についてご説明させていただきます。


 

 

まず



 

ベースの種類について

ベースというのは、ウィッグの大部分を占める素材の部分です。
ベースの素材の違いによって使用方法や見た目の自然さ、快適さなどが変わってきます。
またより自然になるにつれて値段も上がります。


 

【ネットタイプ】

大きな網目状の土台に毛を結びつけてるタイプでネットの隙間から自毛を出し製品の毛と馴染ませる事で自毛を生かしながら自然に増毛できる製品です。

頑丈で強度が最も高く製品寿命が長いタイプ(1年~3年)です。


デメリット:頑丈な分ネットが太くベースが見えやすい為、ウィッグの毛量を多くするかもしくは、自毛が多い方向きと言えます。
短髪スタイルには、不向きとなります。


 

 

メッシュタイプ

ネットタイプ同様土台が網目状となっているのですが網目が細かく隙間から自毛を出すことができません。
ですがネット部分が網戸のように半透明になっており地肌を透かし毛量を少なくしても短髪にしても自然に見えます。重量も非常に軽いです。


デメリット:ベースが薄く細い為、結んでる毛が抜けやすく消耗が早い。
個人差がありますが3ヶ月~6ヶ月ほどで修理もしくは、買い替える必要があります。

 


 

ウレタンタイプ

色や質感が人の肌に近い素材で出来ており、センター分けや七三分け等の地肌を見せるヘアスタイルでも自然にみえます。
人工皮膚とも呼ばれてます。


デメリット:ウレタン部は、ネットやメッシュの様な隙間が無いので通気性が悪く夏場等の汗をかきやすい時期は、ムレやすくなります。
ただウレタンとメッシュタイプが合わさったウィッグもあり、分け目はウレタンでその他を通気性の良いメッシュタイプにする事も可能です。

消耗に関しては、3つの中で1番早く抜けやすいウィッグとなります。

 

 



 

毛質の種類について

・人毛(人毛に特殊な加工を施したもの)

カラーやパーマ、ドライヤーやスタイリング剤でアレンジができ、耐久性にも優れています。
洗う度にセットやお手入れが必要となり、紫外線による脱色もあるので定期的な毛染めが必要です。

髪の硬さや太さなども選べたりします。



 

・人工毛(合成繊維)

人毛に比べて軽く、スタイルが崩れにくいのか特徴。熱や摩擦に弱く耐久性にやや欠け、見た目では人工的なテカリが見られます。
また、ピーリング(縮れ)が起きやすいので、定期的にピーリングを伸ばすことが必要です。

人形やコスプレウィッグに使われている毛も人工毛です。



 

・ミックス毛(人毛+人工毛)

カットアレンジができ、洗ってもスタイルをキープできます。
人毛の部分は脱色しやすく、人工毛の部分はピーリング(縮れ)が起きやすくなるのでケアが必要です。

 



 

ご希望のヘアスタイルやライフスタイルによってオススメするウィッグは、変わってきます。
個人の意見ですが・・・分け目をつけないヘアスタイルであればメッシュタイプの人毛
分け目をつけるのであればメッシュタイプに分け目部のウレタンオプションで人毛
が1
番自然でオススメだと思います。
少し値が張りますがビニールのような薄いベース素材もあリます。ですが高いから必ずしも良いわけでは、ありません。薄ければ薄いほど毛が抜け消耗しやすくベースも破れやすい為、お手入れをする際、気を付けなければなりません。それぞれメリット・デメリットがありますのでこちらの記事を参考に考えていただければと思います。

 



 

 

最後に
前回、O字に剃ったマネキンを作りましたが今回それにヘアピースを装着したのを見ていただきたいと思います。





 

こちらがO字に剃ったマネキン

 

 

 

こちらがネットで購入したヘアピース(メッシュタイプ)約¥6,000ー




装着後!!!!!!!!!!!


 



 

いかがでしょうか?
り!!!自然になった思います。

もはや、ウィッグをつけてるという違和感が全く無いと思います。

こちらは、金具タイプで装着しております。

INTIでは、自毛で薄毛をカバーしつつなおかつお洒落なヘアスタイルをご提案させていただいております。
毛の伸びる長さの限界や薄毛の範囲は、人それぞれですのでこういうポイントウィッグを使ったカバーの仕方も参考にしていただければと思います。



 

次回は、様々な装着方法についてご説明させていただきたいと思いますのでお楽しみに!!!

 


 

INTI大阪本町

山口でした。

 

--------------------------------------

 

「ヘアデザインで人生を変える」
INTI渋谷
東京都渋谷区神南111インタービルⅡ4階
INTI東京
東京都中央区八丁堀2-13-2ドミノビル2階
INTI新宿
東京都新宿区新宿3-11-9花菱ビル5階

INTI大阪本町
大阪府大阪市中央区南本町3-3-14貴田ビル7階
INTI梅田

大阪府大阪市北区芝田1-4-14芝田町ビル8階
INTI福岡
福岡県福岡市中央区大名1-10-27第2小谷ビル4階


HP:https://www.inti-tokyo.com

 

ご予約はこちら
お問合せ・ご質問は☞こちら


--------------------------------------
撮影カットモデル募集☞詳しくはこちら

INTIスタッフ募集☞詳しくはこちら

INTIチャンネル☞詳しくはこちら


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2021/07/01

【増毛 カツラ】カツラってどうなの!?第3弾

こんにちは!!!! INTI大阪本町の山口です。     前回は、 ・ベースの種類について ・毛質の種類について ・ヘアピース着用前と着用後の検証 ...

続きを読む

2021/03/01

【増毛 カツラ】カツラってどうなの!?

こんにちは! INTI大阪本町の山口です。       始めにウィッグとカツラの名称の違いについて皆さんご存知でしょうか?  ...

続きを読む

2020/06/21

【薄毛 増毛】増毛のやり方は一つではない!色々な方法を知っておこう!

INTI福岡 堀本です。 前回の増毛のreport(←まだご覧になってない方はこちらをクリック)の続きになります。 毛量を手軽に増やすことのできる増毛ですが、 やり方は一つではなく...

続きを読む

2020/05/04

【薄毛 増毛】手軽さイメージの増毛!理解していないと痛い目に合う?!

インティ 福岡 堀本です。   今回は増毛についてリポートします。   薄毛の対処法として、   外用薬の使用...

続きを読む

2019/05/29

【増毛 薄毛】増毛(結着式)をされた方の美容室での注意点

こんにちは、INTI新宿の阿具根です。 今回は増毛についてお話し致します。 薄毛改善として植毛手術、AGA内服薬、AGA外服薬などございますが、 効果を発揮するまでには少々時間がかかります。 直ぐ...

続きを読む

このページのトップへ