HOME > INTI report > U字型の薄毛でお悩みの方 > 【頭頂部 髪型】薄毛、軟毛もカバーするカットとセットのポイント

INTI report

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

【頭頂部 髪型】薄毛、軟毛もカバーするカットとセットのポイント

INTI  日高です。
*9/12(水)より東京店勤務になります。


今回のモデルさんは前頭部のMと頭頂部のOの進行と軟毛の髪質にお悩みがある方で、
切ってほしくない所も切られたりするのが嫌という理由もありご自分で髪を切られていました。
カットもセットもとてもお上手な方でした。




切らせていただく前の状態がこちらです。


Before






切らせていただく前から短めですが伸びるとどうしても横(サイド)が膨らみ、前頭部(M)や後頭部(O)の薄毛が強調されてしまいます。

それを軽減させるため出来るだけ横は短く切らせて頂きました。




そして仕上がりはこちらです。

After








薄毛のカバーだけでなく、髪を切ったことで少しスマートになったようにもみえます。










薄毛をカバーする適切なカットも大事ですが、カットを活かすスタイリングの仕方も大切です。


今回のモデルさんの場合、ソフトモヒカンになるよう中心に向かって乾かします。





乾かした後のスタイリング剤は髪が薄い部分や気になる部分、軟毛の方はハードスプレーで仕上げるのがおすすめです。






スプレーを振るときのポイントは大きく2つあり、

1つはスプレーを振る前にくしで髪をとかし、髪の毛を1本1本離しバラバラにします。
そうすることにより髪をさらに多くみせてくれます。

2つ目のポイントは頭から20センチ程離し、遠くから頭全体にまんべんなく振りかけます。






これでは近すぎます。
スプレー同士の粒子がキラキラとついてしまい髪の毛同士もくっついてしまうことになってしまうので







これくらい離して全体にふりかけます。





そしてもう1つ
ワンランク上の方法ですが
くし(リングコーム)の持つ方をつかって、地肌につけながら滑らせて差し込み、ほんの何ミリかずらしてグッと根元を押し上げるとさらに
ボリュームアップされます!!







このようなくし(リングコーム)も100円ショップなどにもあると思いますので参考にしてみてくださいね。









ご自身での普段のヘアセットに役立でてもらえたらうれしいです。




INTI 日高でした。



------------------------------------

「ヘアデザインで人生を変える」

■INTI 渋谷■

東京都渋谷区神南1-9-11インタービルⅡ4階

■INTI 大阪■ 

大阪府大阪市中央区南本町3-3-14貴田ビル7階

■INTI 東京■

東京都中央区八丁堀2-13-2 ドミノビル2階

お問い合わせは

info@inti.tokyo.jp まで

http://www.inti-tokyo.com/



カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2020/05/24

【薄毛 U字型】カラーして地肌の透けをカバー!!

    こんにちは、INTI新宿の佐藤です。     今回は、多く方を悩ませる『U字型』の薄毛についてです。 人形の髪の毛を使って、...

続きを読む

2020/02/25

【薄毛 U字】ドライヤーの方向で薄毛をカバー!!

こんにちは、いつもお世話になってます。 INTI新宿の佐藤です。     今回は、数多く方を悩ませる『U字型』の薄毛についてです。 人形の髪を使って、ド...

続きを読む

2020/01/18

新説O字型、U字型薄毛お悩み AGAで薬の選び方には注意が必要です。

INTI東京角田です。 以前O字型薄毛の記事を書かせていただきましたが、追記させていただきます。 http://www.inti-tokyo.com/inti-report/entry/o-5/ ...

続きを読む

2019/12/17

【U字 髪型】オススメお伝えします!

こんにちは! INTI designerの小笠原です。   U字の薄毛で悩んでる方も多いかと思います。 今回はオススメのヘアスタイル、長さをお伝えしようと思います。 ...

続きを読む

2019/09/08

【薄毛 パーマ】隠す、のではなく。ただ、カッコ良く!! パーマで自然にボリュームアップ!!

  こんにちは INTIの鎌田です。(毛髪診断士/認定指導講師) 今回ご紹介するのは、パーマ施術の実例です。 その名もボリュームアップパーマ・・・・! ...

続きを読む

このページのトップへ