HOME > INTI report > 薄毛治療のホントを知りたい! > 【薄毛 治療】AGA治療に健康保険or医療費控除は効くのでしょうか?

INTI report

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

【薄毛 治療】AGA治療に健康保険or医療費控除は効くのでしょうか?

INTI東京角田です。

薄毛治療をお金をかけて取り組む人用の記事となります。


薄毛治療といっても、ざっくり言うと


◯AGA(男性型脱毛症)における投薬療法

◯成長因子注入療法

◯自毛植毛手術

◯びまん性脱毛症における投薬療法

◯円形脱毛症における投薬療法



などなど、薄毛治療にも沢山種類があります。


男性の場合、特にAGA治療として有名なプロペシア、ザガーロ、そしてミノキシジルなどを想像する事ができるとおもいます。

そしてAGA対策として処方される薬の代金は決して安く有りません。

プロペシア単体ですと一ヶ月数千円、プロペシア+ミノキシジル同時服用となると月に軽く一万円は超えます。



このような場合、AGAの治療を目的とした場合の支払いですが、健康保険は適用されるのでしょうか?





答えは、残念ですが、AGA治療は保険の適用は認められておりません。


よって、AGAの薬代は満額自己負担となります。




AGA治療は、自由診療にあたり、レーシック、美容整形、インプラントと同じ扱いとなります。

さらに自由診療の医療費というものは幸か不幸か病院側で自由に決められるため、いくらでも金額は設定できてしまうわけです。


では、なぜ保険適用外となるのでしょうか?


1 生命を脅かす疾患という保険適用の原則にAGAは入っていないため

2 AGAは加齢からくる生理現象という認識のため


というのが一般的な見解です。




普段、風邪や頭痛などの症状が出た場合、病院にいって治療を受けます。その際、診察料、処方箋、そして薬代などは

全て健康保険料を納めている場合、健康保険が適用されますので、自己で支払う負担分は〜3割までとなるはずです。

日本ではこのような場合の診察代、薬の料金は保険適用となります。




それに対して、AGA(男性型脱毛症)のように健康保険が適用されない治療は自由診療となります。



人間は髪の毛が脱毛症状になっても命には別状はなく、体調など問題もなく健康を維持できるケースがほとんどなの

で、健康保健法という法律で定めた健康保険から残念ですがAGAは外れてしまいます。


ちなみに、自由診療というカテゴリは施術そのものだったり薬に対するリスクが高いケースが多い気がします。

要は、自己責任です、何かあっても責任はとれません!みたいな感じです。

国(厚生労働省)が認めていない治療方法、認可が降りない治療方法、効果は高いが副作用が強い治療方法、

薬などを指します。

よって自由診療は健康保険は適用されず、満額支払う事になります。



ただし、例外もあります。


円形脱毛症や瘢痕性(はんこんせい)脱毛症など、自己免疫疾患などの身体と精神的な問題を改善するための治療と

なるため保険適用となる場合があります!!!

これらの脱毛症全般が保険適用という意味ではなく、精神疾患、自己免疫疾患からくる作用で円形などの脱毛が

おきた場合、身体と精神的な問題を改善する方法としてこれらの脱毛症の治療が有効と判断された場合の治療費

、薬代などが保険適用となるケースがある、ということです。





僕は医者ではないので無責任なことはいえませんが、人は何かしらの強い問題(ストレス)が発生した場合、精神的

に不安定になったりすることでも自己免疫力が低下します。

ストレスという信号を身体の細胞が受けいれ、人それぞれの弱い細胞部位が強いストレスに反応するため、円形脱毛症

や沢山の部位、局所の疾患、症状に振り分けられると考えられます。




AGAも個人的にはその中の一つかとおもいます。できれば健康保険適用の範疇に新たに属してくれるとよいとおもって

います。話はそれますが、抗がん剤治療などで必要になってしまう医療用ウイッグなども金額がとても高いため、是非

保険適用範囲になってほしいです。











ただし、AGA治療費において、費用を抑えられる制度があります。






医療費控除を使います。



(医療費控除とは、支払った年間の医療費が一定額を超えた金額から、確定申告時に医療費控除を申請すると、

 支払った医療費に応じて、課税所得が少なくなり、結果税金が安くなる。)


ただし確定申告時に医療費控除の明細書に記入する場合、注意点があります。



AGA治療での医療費控除を申請の場合、医療機関の診断を受け、診断書、処方箋、領収書を揃える必要があります。

AGA対策の個人輸入での薬代などは領収書などはもちろん控除の対象外です。

そして、医療費控除を申請する上で、各市区町村の税務署が認めた場合のみ医療費控除が受けれます。

全ては税務署の担当者に納得していただく説明も大切ですので、資料とは別に心がけてください。


先ほどあげた治療で使う医療用ウイッグは基本的には医療費控除の対象外となります。ただし例外もあり、担当

医師が診断書に医療用ウイッグが必要、などの表記があった場合、まれに医療費控除を受けられたケースがある

ようです。ご参考ください。


そして残念ですが、自毛植毛費用も自由診療であり、医療費控除の対象外となります。




できるだけAGA治療にかける金額は安いに越した事はありません。


すこしでもAGA治療中の人が、このreportでお役に立てればとおもいます。


INTI東京角田でした。


--------------------------------------

 

「ヘアデザインで人生を変える」
INTI渋谷
東京都渋谷区神南111インタービルⅡ4階
INTI大阪
大阪府大阪市中央区南本町3-3-14貴田ビル7階
INTI東京
東京都中央区八丁堀2-13-2ドミノビル2階
INTI福岡
福岡県福岡市中央区大名1-10-27第2小谷ビル4階
INTI新宿
東京都新宿区新宿3-11-9花菱ビル5階


HP:https://www.inti-tokyo.com

 

ご予約はこちら
お問合せ・ご質問は☞こちら


--------------------------------------
撮影カットモデル募集☞詳しくはこちら

INTIスタッフ募集☞詳しくはこちら

INTIチャンネル☞詳しくはこちら







カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

2021/11/09

【AGA治療薬 初期脱毛】初期脱毛は2度おこる!

  初期脱毛は2度やってくる!   こんにちはINTI東京河津です。   先日お客様から 【2度目の初期脱毛】 についてご質問がありましの...

続きを読む

2021/03/15

【薄毛専門美容師が話す】はじめてのAGA

こんにちはINTI河津です。   今回は「初めてのAGA」の第二回目、   「じゃ、私はAGAなのか?」   という疑問についてお話していこう...

続きを読む

2021/02/15

【薄毛 サプリメント】サプリメントは薄毛対策になる!?

  こんにちは、INTI新宿の佐藤です。     今回は、『薄毛の治療のホントと薄毛対策』についてお話しさせて頂きたいと思います。   ...

続きを読む

2020/10/01

【AGA治療 内服薬】内服薬の基礎知識!!

こんにちわ、INTI大阪の舛田です。 今回は、内服薬の基礎知識!! ということで、皆様が気になっているAGA治療について解説させていただこうと思います。 投薬治療 自毛植毛 この2つがま...

続きを読む

2020/07/07

【薄毛 治療】自分にはどの治療法が合ってるの?

こんにちは、INTI渋谷店の和久井です。 今回は自分にはどの治療法がより効果的なのかまとめてみました。 ご自身の脱毛型に合う、より効果的な治療法を見つける参考にしていただきたいです...

続きを読む

このページのトップへ