HOME > 悩み別ヘアカタログ > 担当 田中 慎吾

悩み別ヘアカタログ

M字の生え際の形がそのままの前髪を自然にカバー

半年ぶりのカットで前髪のM字の生え際の形が、そのままの状態で伸びてしまっています。生え際が低い部分は当然長く見えるので、短い両端を基準に髪型全体をカットします。 前髪真ん中の長い部分を両端に合わせ、全体がバランス良くそこに合うように耳上、頭頂部の長さを決めます。ボリュームの位置を調整して、楕円化だったシルエットをひし形に近づけます。

短くしたのに増えて見えるM字カバーのショートスタイル

M字型の場合、長くてまっすぐな前髪は割れる原因になりやすくカバーに向いているとは言えません。頭頂部にもボリュームが出せず、全体的にペタッとした印象です。 長さが十分にあったため、前髪の厚みを残してM字部分をカバーし、襟足とサイドはすっきり刈り上げることで頭頂部のボリュームを引き立てます。

U字・薄毛・残った前髪を生かしてオシャレスポーティな髪型に

U字タイプの薄毛が進行した前頭部と頭頂部に対して、クセの影響もあり膨らんだ側頭部が薄い印象を際立たせています。 横、後ろの不要なボリュームを刈り上げて無くし、頭頂部周りの長さのある髪で中央をカバーしボリュームを出すます。前髪のクセを生かして毛先をながし、スポーティでありながらオシャレな印象に。

M字O字の薄毛・硬毛・くせ毛(捻転毛)を爽やかなショートスタイルに

M字O字に加えて独特の毛流れで上は潰れてしまい、横に張りやすい骨格と硬いくせ毛の影響で四角いシルエットになっています。前髪は毛周期の乱れでまばらになり、薄毛を強調させています。 横に張り出していた部分をやわらかく刈り上げて上部と繋ぎ、薄毛の部分と馴染むように毛の多い所はすきバサミを使って質感を近づけています。前髪はわざとらしくならないギリギリの調整で繋いでいき、仕上げはパウダーワックスで自然な根元の立ち上がりと仕上がりに。

1

このページのトップへ