HOME > スタッフ紹介 > 河津 典全

スタッフ紹介

河津 典全

河津 典全
NORIMASA KAWATSU

ポジション INTI 東京 Designer
血液型 A型
趣味 軽登山
自分の悩み 薄毛
自分にキャッチ
コピーをつけると
意識高い系器用な人
他のスタッフからの印象 優しいオジさん

幼少時代

ど、が付く位の田舎生まれの田舎育ちの幼少期。後方には山々、前方には川のせせらぎという環境の中でスクスクと育つ。プールより川や沼などで泳ぎや遊びをして、お菓子より蛇苺を食べてた、物心ついた時から自然に親しんできた子供。何度か川に流されて怪我した事もあるし、山に1人で入っていって、下山道が分からなくなり迷った事もある。ただ田舎というものは自力でなんとかするしか助かる方法無い場所なので、たくましい子供に育ってた気がする。

子供の時から周りより体格もよく、周囲の影響もあってか柔道の道場に通う。とりたてて反抗期も無かったらしく、のんびりとした環境で、のんびり育った感じ。ただ、周りもそんな感じなので田舎はそんなものなのだろう。学校に1人はいる、冬でも半袖ですごしている子供の1人で、病気らしい病気というのも記憶にはなく、今でも風邪ひとつひかない丈夫な身体は幼少期から続いていると思われる。

幼少期からの道場通いは、身体を動かす場所としてだけでなく、同年代以外の人達との交流の機会も多く増やしてくれ、上下関係という理不尽だけど、必ずある社会の構図と、年齢に関係無く気があえば友達になれるという相反する二つの事を学ばせてくれた。

勉強は全般的に得意とは言い難い部分が多くあり、教科書はパラパラ漫画と、偉人へのいたらず書きにしか使ってなかった。体育と図工、あと給食が楽しみな子供だった。当時給食は全部食べきらないと、昼休みに遊んではいけないシステムだったので牛乳嫌いの子達から牛乳を貰い、好き嫌いのある子達からは、おかずを貰い満腹になり、かつお礼を言われるという、大変充実した日々を送っていた。

学生時代

幼少期よりやってきた柔道というスポーツがあまりにもモテないという事に気付き始め、自分の体格を活かせるスポーツは何かと、考えた末にラグビーを始める。 個人戦の多いスポーツだった柔道から団体戦のスポーツのラグビーに移ってチーム戦の良さを知る。学生時代の友人に会うことはメッキリ減ってきているが、ラグビーをやって時の友人とは今でもよく会う。当時の部活という物は今のそれとは、大幅に違っていてスパルタ。練習中に水は飲めない。先輩の言うことは絶対。たまにコーチからのビンタ付き。早朝の朝連に始まり、昼は筋トレ、夜は暗くなるまでやり、雨でも、もちろん外で練習平日、土日、祝日関係なく練習、そんな過酷な環境で出来た友人は仲間意識も強い。

卒業する頃に進路相談で、体育大学を推薦されるものの、見学に行った際、あまりの体格差や、練習量の凄さを目の当たりにしあえなく断念。紹介していただいた担任にその事を伝えると料理の専門学校、美容の専門学校のパンフレットを並べられ、二択を迫られ美容の専門学校をとった。理由はピアスがしたいからという単純なもの。ただ、その事を担任に聞いても全く覚えてなかった。

夜間の専門学校に通いながら、昼間は美容院で働くいう生活を始めたものの、あまりの給料の安さに愕然として、給料の良い夜のバイトをしていた。専門学校時代は勉強より、バイトと遊びに明け暮れる日々。夜間だったおかげもあるが、奇跡的に無遅刻無欠席という真面目な生徒だった。まぁ六時にくればよいので、遅刻も何もあったものではないが。夜間の専門学校は、いろいろな人がいて、目的意識が高い方から、なんとなく来てる人までいて、一年半の中で半数は辞めていく所だったが、なんとか卒業までは頑張り、美容院に入った。

修業時代

専門学校を卒業後、武蔵境の美容院、八王子の美容院と都内2店舗を経て、青山の美容院ヘアーディメンションに入る。今現在INTIで働いている宮本、角田ともそこで一緒に働いていた事がある。その当時のヘアーディメンションは物凄く忙しい店で、朝から練習して、営業が始まったら夜まで休憩なしの仕事をして、夜は夜で練習しての毎日を過ごした。休みの日も先輩の撮影や、収録に連れていって貰い、1日も休みが無いのが当然と言ったアシスタント時代だった。いろいろな現場にも連れていってもらい多くの撮影を見せてもらった。ただ、練習の鬼とか仕事大好きとかでは全く無く、毎晩のように遊びに行って、徹夜で仕事に行くのもしばしばだった。今思えばその時の体力の凄さにただタダ関心する。

アシスタント時代途中から三軒茶屋の6畳一間に三人暮らしという生活を始めた。三人とも表参道や青山の美容師で、職人気質の真面目な美容師と、アーティスト気質の我が道を行くタイプの美容師だった。一緒に生活している内に、2人の影響を受けてか、何となく練習して、何となく働いていたアシスタント時代に変化が起こった。徐々にではあるが、がむしゃらに練習をするようになってきた。美容師という職業が面白くなってきたのも、この頃からだった気がする。その頃になると夜は遊んではいたが、以前のようにただ、お酒を飲んでるだけでなくその当時流行しだしていたクラブでのヘアショーに参加してみたり、イベントでのヘアセットなどに顔を出すようになり、仕事と遊びがリンクするようになってきて、益々美容の仕事が面白くなってきていた。その勢いのままスタイリストとしてデビューした。

スタイリスト時代

スタイリストになっても、あいわらす仕事が面白く休み無く働いていた。美容師の仕事にプラスしてヘアメイクの仕事も入るようになってきた。朝撮影に行って、昼サロン、休みも撮影の日々だが、そんな苦痛では無く楽しい毎日だった。仕事も次第に増えてきて海外にメイクしに行く機会や、人前でカットの講習など、恐らく何万人もいる美容師の中で大変恵まれた美容生活を送らせてもらっていた。田舎から出てきて、表参道で働き 、タレントさんを担当させて貰える喜びで仕事していたが、30歳も後半になってくると少し違和感を感じる様になってきていた。サロンでカットをして、お客様に喜んで貰える事が少し疎かになってるのが気になり始めていたからだ。もともと、そんなに器用な方では無かったので、両立しているとは言い難く、ヘアメイクの仕事に全力を向けていた。ヘアメイクの仕事もやり甲斐があり面白かったのだが、やはり自分はカットをするのが一番楽しく性に合うので、少し考えるようになっていた。

そんな折、アシスタント時代一緒住んでいた、アーティスト気質の美容師から「アメリカに渡って仕事をするので、最後三人で会おう」と連絡があり、久しぶりに三人で再開をした。もともと酒飲むのは私だけだし、盛り上がるとは、ほど遠い会ではあったが、いい別れは出来た。帰り道に 、もう1人の職人気質な美容師から「マンツーマンの小さな美容室をやるのでウチに来ないか」という誘いを貰った。いい話とは、いい難かったが自分の現状に満足は出来てなかったし、やはりお客様を一生懸命切りたかったので、考えた末に退職を決意した。三年間、一緒にやり軌道にのって来た頃に拡張移転の話が出てきた。スタッフの大幅な増員と共に。美容師の技術に打ち込む事が出来て順調であったが、その頃になるのマンツーマンではなく、昔と同じように何人もアシスタントを使う営業形態になってきていた。

INTI時代

ある時宮本から話があるので会えないかと連絡がきた。もう何年もあっていなかったので不思議に思ったが久しぶりに再開をした。勿論話の内容はINTI出店を考えている話。これだけ美容院があると、その店のカラーを出すのは至難の技。自分の所属の店もコンセプトはあるようで無く、最大の武器といえるものも、 あるようで実はそんなに強くない感じがしていた。INTIの話を聞いた時、正直「めちゃくちゃ強い店が、作れる」と思ったのが正直な感想だった。コンセプトも、ターゲットも明確に見えていれは、やる事も見えてくるし無駄も少ない。ふたつ返事とまでは、言わないが早い段階でINTIで働く事はきまっていた。

INTIオープンから、1ヶ月半に合流をした。 【ヘアデザインで人生を変える】この強いコンセプトのもと新しい美容師人生が始まった。とはいえ、最初は順調とは言い難く、道でビラを配ってみたり、ポスティングなども暇さえあればやりに行っていた。正直暇だった。ただ、誰をターゲットにしているかが明確だったし、お客様も徐々に増えていった。入社して暫くして、「ありがとうございます。外に出られるようになりました。」「ありがとうございます。帽子なしでもいけます」など、毎日のように感謝のお言葉を頂くようになってきていた。凄く深いコンプレックスを抱えている方から「悩みが解消されました」と、言われる事もあった。ホントにお客様に喜んで貰えているのが実感出来ていた。これからも、驕らず 慣れず頑張っていきたい。


INTI report - 河津 典全

2018/06/02 O字型の薄毛でお悩みの方ランキング2位人気記事ランキング河津 典全

【カット&パーマ】つむじ周りの薄毛をカバーする

薄毛美容院『INTI』の河津です。   今回のモデルさんは、トップの毛が薄くなってきて   ボリュームが出しにくく...

続きを読む

2018/01/31 河津 典全薄毛に役立つアイテムを知りたい!

【検証】人気のメンズシャンプーを現役美容師が検証 2回目

今回2回目はプレミアブラックシャンプーです。 プレミアムブラックシャンプーはノンシリコンアミノ酸シャンプーなので、基本的に頭皮をキレイサッパリ健康...

続きを読む

2017/12/28 河津 典全薄毛に役立つアイテムを知りたい!

【検証】人気のメンズシャンプーを現役美容師が検証 1回目

今回1回目はモンゴ流シャンプーです。   モンゴル、インディアン、日本人。実は皆、同じモンゴロイドという人種です。しかし日本人には薄毛の方が多く、他の2...

続きを読む

MORE

このページのトップへ