HOME > スタッフ紹介 > 小笠原 有希子

スタッフ紹介

小笠原 有希子

小笠原 有希子
YUKIKO OGASAWARA

ポジション INTI 東京 Designer
血液型 O型
趣味 映画鑑賞、自然と戯れること
自分の悩み 深読みしすぎてしまう
自分にキャッチ
コピーをつけると
こじらせ女子
他のスタッフからの印象
(よく言われる印象)
はっきりした性格

幼少時代

小笠原 幼少時代1

私は北海道の札幌市にて一人っ子として誕生。両親の愛情を一身に受けて育ちました。初めて会う人にも人見知りしなく、気づけばどこに行っても見知らぬ誰かとお喋りしてるか遊んでいる子でした。そんな子でしたから気づけば近所に友達もたくさんでき、朝から晩まで外で遊んでいました。学校が終わって帰宅するもすぐに家を飛び出して近くの公園で友達と遊んだり自転車で走り回ったりと忙しい日々を過ごしていました。

意外に女の子な部分もあり、裁縫が得意だった母の作ってくれたワンピースが何よりも好きで、ワンピースを着る日だけはおしとやかに過ごしていたのも覚えています。 私も何か作りたい!と、ただ大きなビーズを糸に通すしただけのネックレスやブレスレットを作ったりもしました。この趣味も母のおかげでどんどん詳しくなり時間があれば母の裁縫セットを漁り何か作っていました。

小笠原 幼少時代2

遊んでばかりというわけではなく、4歳から母の勧めでクラシックバレエを始め、初めて自分の「好き」「楽しい」という感情に触れました。ただ、好きだからこそできないことが悔しい。もっと上手になりたい。楽しいからこそもっともっと綺麗に踊りたい!とレッスンに没頭していきました。思えばこの頃から私の負けず嫌いが発症した気がします。 またコンクールにも参加はしましたが、残念なことに上がり症の私は賞をもらうことがでいませんでした。この時日々の練習がどれだけ大切なのか思い知らされました。

学生時代

小笠原 学生時代1

そのままクラシックバレエを習い続け気がつけば小学6年生。'年頃の女の子'になっていて周りの子たちもどんどんオシャレになっていき私もイマドキのお洋服はなんなのか、私の好きなものはあるか、、と、ファッション雑誌を読み漁るようになっていました。ただ、当時の私はと言うと髪の毛を切る=母がバツんとオカッパ(決してボブとは言えない) が当たり前で髪の毛を伸ばすと言ってもオカッパがそのまま伸びただけでおしゃれとは言えず、さすがに何か違うと気がつき生まれて初めて美容室に行くことを決意します。

ワクワクしながら雑誌に載ってるヘアスタイル見て、切り抜きを握り締めて美容室に行きました。この時にしてもらった髪型への嬉しさは今でも忘れられません。 今までとは全く違う先細になっている髪の毛。少し巻いてもらってふわふわ可愛くなった自分に見惚れ、気分はどんどん高なっていったのです。 髪型一つで人生が変わってまるで世界が180度回転したかのようでした。

ここで美容師さんに言われた「美容師はお金を貰ってるのにありがとうと言ってもらえるステキな仕事なのよ」という言葉で、なんて素敵な仕事なんだ!美容師になる !と、美容師を目指すこととなります。

小笠原 学生時代2

時は過ぎ高校も卒業し、札幌ベルエポック美容専門学校に入学。 今まで出会ってきた人達とは全く違う、見た目も派手!チャラそうな人!ギャル!!当時流行ってた森ガール!!お洒落な先輩方、、、正直見た目に圧倒され過ぎてやっていけるか不安になりました。ですが見た目と中身は全く違い根は真面目な人が多く人生の友人を見つけることとなります。

メイクやセットアップ、美容の全てに携われもっともっと美容が好きになりました。 ワインディングというパーマ巻きのコンテストにも参加しますがことごとく惨敗。負けず嫌いに火がつくも更に惨敗。もう無理なのかなと友人にも弱音を吐いてしまったこともありました。そんな思いを胸に学生最後に北海道内で最大のコンテストに参加。まさかの準優勝を獲得し初めて表彰台に登ったのです。幼少期にも学んだ、練習は裏切らないということが私の中で確信に変わりました。

修行時代

小笠原 修行時代1

就職先はこのまま一生北海道という離島で終わっていいのか?という強迫観念のような思いから就職ガイダンスで感銘を受けた神奈川にあるお店で働き始めます。 一人娘を出してくれた両親には感謝でいっぱいです。

学生時代から得意で自信のあったシャンプーも先輩にコテンパンに指摘され最初のスタートからつまずきました。自信があったこともあり悔し過ぎて直属の先輩に毎日練習をお願いし、入社から1ヶ月後のシャンプーテストにも無事合格。翌日からお客様に入客させて頂きました。この時初めて入らせていただいたお客様に「あなたのシャンプー今までされたシャンプーの中で一番気持ちが良かった」というお言葉をもらい美容師としての喜びを初めて教えてもらいました。

カット技術もパーマ技術もカラー技術も全てシャンプーの合格を皮切りにスタートしたので最初の1年は週ごとに違うテストを受ける為、毎日が目まぐるしく過ぎて行きました。

入社して1年が経ち2年目になる頃今までウィッグカットしかできなかったのがモデルカットができるようになりました。初めて人の髪の毛を切る。となると、ものすごい恐怖で切り始めからお帰りになられた後まで手の震えが止まりませんでした。決して満足できる仕上がりではなかったと思います。ですがモデルさんから「スッキリした!ありがとう!」と感謝の言葉を頂いたのです。 昔言われたありがとうと言ってもらえるステキな仕事だと改めて感じもっと満足してもらえるように、私自身の自信に繋がるようにと練習に励みました。

その結果つまずきながらもトータル3年でスタイリストデビューを果たします。

スタイリスト時代

小笠原 修行時代2

デビュー前日はついに明日からスタイリストになるんだ!と、ワクワクが止まらず夜全く寝付けなかったのを覚えています。デビュー直後はカットモデルとしてきてくれていた方が沢山来てくださり、嬉しい気持ちで一杯でした。

ですがお金を頂いて技術を提供するというのはやはり難しいもので、今までは「テストに受かるための練習」でしたがそれでは意味がなく「お客様が満足してもらえる練習」が必要なのだと気付き、即行動。諸先輩方に今のカットはどう切っていたのかを展開図で教えてもらいカットをしたり、◯◯様のカット教えてください!と言って練習を見てただいたりの連続でした。

私を指名してくれるお客様も少しずつ増え、仕事の楽しさを目一杯感じながら目まぐるしく毎日を過ごしていた頃、帰り際お客様に「もう小笠原さんのカットじゃなきゃ嫌なんです。」とお言葉を頂きました。嬉しいというよりも、驚き。まさか自分がそんな勿体ないお言葉をもらえるとは思っていなかったので何か言葉を返さなきゃと思いながらも何も言えず私の時間が停止。数秒経ってようやく頭の中を処理して「ありがとうございます」と言うことができました。 この時の嬉しさと言ったら、もう言葉にはできません。

もっと貪欲にお客様の笑顔のために自分の知識をつけよう、初心を忘れない美容師でいようと決意します。「ありがとうと言われるステキな仕事」という言葉が頭から離れることはなく、ずっと私の胸の中にあり私が美容師という仕事をする理由はこれなんだと確信しています。 INTIと私が出会えたのも、「ありがとうと言われる仕事」という点からではないかなと感じております。

INTI時代

coming soon


このページのトップへ